株式会社アート(大阪府寝屋川市)<製版/印刷/デザイン/段ボール/ダンボール/フレキソ/FLEXO/印版製作/アート/大阪府/神奈川県>

株式会社アート

株式会社アート
〒572-0072 大阪府寝屋川市太間東町23番12号
TEL:072-833-4008 / FAX:072-833-8200


トップページ 技術紹介 主要設備 会社概要 採用情報 リンクページ

■ 会社概要 ■

会社名
株式会社アート
会社設立
昭和45年5月27日
代表者
代表取締役社長 本川禎久(もとかわよしひさ)
資本金
3,000万円
年 商
4億4千万(平成24年実績)
業務内容
段ボール印刷のデザインおよび製版(印版の製作)から印刷まで
住 所
本社・関西工場  〒572-0072 大阪府寝屋川市太間東町23番12号
関東工場 〒253-0101 神奈川県高座郡寒川町倉見1137番地
TEL
本社・関西工場  072-833-4008
関東工場 0467-74-7506
FAX
本社・関西工場  072-833-8200
関東工場 0467-74-7526
E-mail
本社・関西工場  f_kansai@art-flexo.jp
関東工場 f_kanto@art-flexo.jp
ホームページ
http://www.art-flexo.jp
取引銀行
りそな銀行/寝屋川支店、大阪シティ信用金庫/寝屋川支店、三井住友銀行/寝屋川支店


株式会社アート/本社周辺地図
大阪本社・関西工場 周辺地図

本社・関西工場のグーグルマップはこちら
アート/本社:関西工場
本社:関西工場


アート/関西:オペレータールーム
オペレータールーム


株式会社アート/関東工場周辺地図
関東工場 周辺地図

関東工場のグーグルマップはこちら
アート/関東工場
関東工場



工場内





■ 沿革 ■

昭和45年05月 アート製版株式会社として、大阪府寝屋川市(京阪電鉄・寝屋川市駅前)に資本金100万円にて設立。
昭和51年09月 本社工場を寝屋川市太間町(敷地156坪、社屋100坪)に移転。製造設備を拡充。
昭和53年04月 大型鋳造ゴム版製造設備を本社工場に拡充。
昭和56年11月 アート式『ソフトバーコード版』(特許認可済)を開発。
昭和60年10月 社名を株式会社アートと改称。資本金400万円に増資。
昭和61年05月 業務拡充の為、滋賀工場を設立。資本金1,000万円に増資。
昭和63年08月
業務拡充の為、関東工場を設立。
平成元年04月
樹脂版製造設備を本社工場・関東工場に拡充。
平成06年08月
デザイン版下設備にMacintosh DTPを導入。
平成08年05月 クライアント殿および段ボールメーカー殿との通信を通信回線にて接続。
平成08年05月 『インキタッチゲージ』(実用新案)を開発。
平成10年10月 『樹脂版貼合機』(実用新案申請中)を開発。
平成11年08月 大型特殊サイズ露光機を設置。
平成11年11月 滋賀工場を近代化設備を必要とするため関西工場に整理・統合。
平成12年05月 経営革新計画編成に着手。
平成12年08月 『水溶性板状樹脂』インライン洗浄機設置。
平成13年04月 サーマルプリンター設置。
平成14年06月 カッティングプロッター設置(関東工場)。
平成16年02月 カッティングプロッター設置(関西工場)。
平成16年02月 業界初のインクジェットネガ出力システムを導入。
平成16年03月 四国営業所を開設。
平成16年04月 大型製版設備(関西・関東両工場)。
平成16年06月 平型洗浄機 後露光装置設備(関西工場)。
平成17年05月 危機管理体制の確立並びに営業支援を目的としたWebデータベースシステムを開設。
平成18年02月 設備拡大の為、現在の『大阪府寝屋川市太間東町23-12』に移転。
平成18年05月 ダイレクト彫刻機導入(環境に対応)
平成19年03月 フレキソ3色印刷機導入(アートオリジナル印刷機)
平成19年03月 インクジェット製版機導入
平成22年03月 容器包装3R推進環境大臣賞受賞
平成23年02月 異分野連携新事業分野開拓計画認定
平成23年12月 設備拡大の為、関東工場移転
平成24年03月 フレキソ4色印刷機導入(アートオリジナル印刷機)




受注から納品まで強力なPCシステムでサポートします

お客様からの受注から納品に至るまでの間、強固な校正検品体制により安定した品質で印版を生産。
お客様のご要望に応えられる印版をお届けします。


株式会社アート/受注から納品まで

PCで受注データを一元管理。
過去のデータもすばやく検索できます。

納品までの各工程で徹底したチェックを実施。クレーム発生を押さえます。



材料受け入れ
材料の受け入れから納品まで、作業基本マニュアルを作成。

指図書など、ユーザー別に管理しています。

版下作成は一番重要な作業であるため、基本マニュアルを厳守し、作業終了後は作成者以外の者がチェックします。
指図書に記入漏れのあるものは販売員に返品し、作業に着手しません。

品質管理を保証する為、各工程に販売員または製造課長を責任者に置き、校正後は販売が最終責任は全て負う規則に基づき、最終チェックを行います。

受 注
納期管理表記入
版下作成
ネ ガ
製 版
整 版
校 正
最終チェック
納 品




トップページ会社概要主要設備技術紹介インキタッチゲージダイレクトレーザー彫刻機フレキソ印刷機リンクページ